【消防設備点検】

「消防用設備を設置した建物」は消防設備点検が必要です。

ウェーブ 一級建築士事務所までお問い合わせください。

消防法17条3の3 に定められた定期点検です。

・報告の提出先 

所轄の消防長又は消防署長となります。

・報告の必要な時期

所轄の消防署への報告期間は「建物の用途の種類」で違います。

「非特定防火対象物」は3年に1回の報告で、「特定防火対象物」は1年に1回の報告です。


 ※非特定防火対象物
  マンション、工場、倉庫、事務所など行き来する人間がある程度決まっている建物

 ※特定防火対象物
  飲食店、ホテル、病院、物販店など不特定の人間が往来する建物

・点検期間

点検期間と報告期間は異なります。点検期間に点検したものを、報告時期に合わせて報告・提出します。

・「機器の点検」:6ヶ月に1回
 
・「総合の点検」:1年に1回
 

・点検内容

・「機器の点検」:適正に配置されているか、機器の外観と簡単な操作で判別できる事項の確認します。

・「総合の点検」:実際に作動させる、総合的な機能の確認です。

【お気軽にお問い合わせください】

4月 5, 2021